プログラミング未経験者のための学習ロードマップ【初級者プラン】を無料公開中!詳しくはこちら

プログラミング未経験者がIT業界に転職する方法

IT業界転職

こんにちは。どうもレオ(@petasojp)です。

今の会社を辞めてIT業界にいきたい
IT業界にいってスキルを磨いて独立したい
プログラミングを学ぶ為にIT系の会社に転職したい

でも…全くの未経験でIT業界に転職なんて出来るわけないか〜と感じている方も多いはずです。

こんなお悩みを持っている方が実は多くいます。
時代の流れとも言いますか、世の中がITというものに関心が出てきています。
日本では2020年に小学校でプログラミングが必須科目になることも決まりました。それだけ世の中がITというものに重要性を感じ始めているんですね。

世界を変えるのはITだとも言われていて、世界各国ではプログラマーを育て、プログラミングの力で経済をより潤わせようとしています。

今後はプログラマーの需要もどんどん増え続け、終いには人材が足りなくなるとも予想されています。

なので、今のうちにIT業界に携わって将来仕事に困らないようにしておきたいです。

それで今回お話をするのは、プログラミングを全く知らない未経験者でもIT業界に就職、転職する方法というのを教えようと思います。

実際に僕も全くの未経験からIT業界に転職しています。
今では、エンジニア兼ディレクターという仕事をしています。

プログラミング未経験からIT業界に転職する方法

まず、プログラミング未経験者がIT業界へ転職する方法は3つあります。

・人材紹介会社が行なっているプログラミング養成スクールに通う
・プログラミングスクールに通う
・未経験歓迎枠としてIT企業に応募する

上記の3つ以外にも知人に紹介してもらうなどがありますが例外として位置付けし、今回は上記の3つを主に紹介します。

プログラミング養成スクール

意外と知らない人も多いのですが、実はIT業界にプログラマーとして入社したい人の為に、人材紹介会社が無償でプログラミングを教えてくれるというシステムがあります。

これだけ言えば勘のいい人は分かるかもしれませんが、人材紹介会社はプログラマーを育てて、企業へ紹介してマージンを頂くというカラクリになっています。

なので、プログラミングが出来るようになって、IT会社に就職したいと思ったら1番手堅い方法なのかもしれません。

ただ、やはり無償でプログラミングを学べる代わりに、紹介されるどこかの企業に必ず就職しなければなりません。ある意味、就職するまでお付き合い頂けるので、就職するという意味ではいいかもしれませんが、自分が思ったような企業を紹介してくれないというリスクもあります。

でも、今は20万〜60万ぐらい払わないとプログラミングスクールにも通えないので、そう考えたらメリットの方がデカイのかもしれません。

また、習得出来るプログラミング言語も限られており、意外と固めなJavaなどが多いです。
今どきなRubyやswiftなどは学べないところが多いです。

プログラミングスクール

そしてもう一つは、まずプログラミングスクールでスキルを習得してしまうこと。

プログラミングスクールに通うメリットとしては、スキルを身に付けて企業に転職出来ることはもちろん、好きなプログラミング言語が習得でき、好きな会社に応募が出来るということ。

人材紹介のスクールに入ってしまうと、会社を選ぶことはなかなか難しいですが、普通のプログラミングスクールなら自由です。

ただ、デメリットとしてスクールに通う料金が高いということ。
ですが、一度プログラマーになってしまえば受講料もすぐにペイ出来るので、プログラミングスクールに通うのも選択肢の一つだと思います。

また、今ではフリーランスになるまで育てるという面白いコンセプトのプログラミングスクールもあります。
こういったスクールに通って企業に勤めるのではなく、いきなりフリーランスエンジニアとして仕事をするのもアリなのかなと思います。

未経験からIT業界へ転職なら【WebCampPRO】

また、DMMが行なっているWebCampPROというのもあるんですが、こちらは有料のプログラミングスクールなんですが、転職保証サポートも付いており、学習から転職までしっかりサポートしてくれるのでおすすめです。
大手の転職の実績もあり、IT企業の大手に行きたいんだ!という志の高い方はDMM WebCampPROも選択肢の一つです。

未経験歓迎のIT求人に応募

最後に思い切った方法ですが、未経験歓迎の求人に応募して転職してしまうこと。

「いや、無理でしょ」と思った方もいると思います。でも、実のところは全然無理ではありません。意外と未経験歓迎で応募している企業さんも多くいらっしゃいます。

実は僕もこの方法でIT業界に転職しています。
ただ、やはりIT業界のプログラマーはクセのある人が多いです。実際に転職出来ても、想像していたものと違ったといって辞めていく人も多いのが現状です。

なぜそんなことになるのかと言うと、ITというのは基本的に自分で調べて自分で解決する。というか、インターネット上に答えは全て載っているというのが、基本です。

だからよく現場では「ググれ、カス」とまでは言いませんが、「ちゃんと調べたー?」なんて言葉が飛び交っています。

なので、優しく一から教えてくれる環境ってあまりなくて、未経験者がいきなり転職してやっていけるかとなると1割ぐらいしか残っていないかもしれません。

なので、向上心あって気合のある人じゃないとオススメできないかもしれません。ただ、やる気があるならIT業界に転職する方法としては1番手っ取り早い方法です。

既卒・第二新卒専用の就職活動サポート

まずは会員登録【ウズキャリ第二新卒】

人材不足の今がIT業界へ転職するチャンス

3つの転職方法をご紹介しましたが、正直今が最もチャンスな時かもしれません。これからプログラミングの需要が増えれば、それに備える人も多くなっていきます。

そうなると、ライバルも増え転職も激戦となり自分のいきたい企業にいけなくなってしまいます。
でも今って割と簡単に有名なIT企業にも入れたりします。

なので、今がIT業界に転職するチャンスと言えます。
ぜひ、思い切って行動してみてくださいね。

行動あるのみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です