プログラミング未経験者のための学習ロードマップ【初級者プラン】を無料公開中!詳しくはこちら

【就職・転職】IT業界の闇を公開!ブラック企業の特徴と見分け方

IT業界就職

疑問を抱えてる人

IT業界ってブラックって聞くけど実際はどうなの?

 

最近、波に乗っているIT業界なので、
どんな業界なのか、ブラック企業が
多いんじゃないのかって
気になってる方も多いと思います。

レオ

結論、IT企業の中にはいわゆるブラック企業というやつが実際に存在しますよ!

あまりこういったことが
語られてきてない気がするので、
これからIT業界へ就職、
転職しようとしている方へ向けて
気をつけなければならない事を
いくつかご紹介したいと思います。

 

ちなみに僕は現在、IT企業で
エンジニア兼PMとして働いており、
一度転職もしています。
前会社もIT企業で、
実はブラック企業でした。

 

なので、ここでお話しすることは
事実に基づいたものなので、
ある程度信憑性が高いです。

 

こんな疑問を解決!
  • IT企業の闇について
  • ブラック企業の特徴
  • ブラック企業を見抜く力

 

 

IT業界の闇は深い

IT業界へ就職したい若者や
転職を考えている方が
とても多くなってきました。

 

IT企業自体も仕事が山ほどあるので
採用にはかなり力を入れていて、
もはや人材の取り合いにもなって
きています。

 

そこで、IT業界へ就職・転職したいなら
完全に需要のある今がチャンスです

 

ただ、その波に乗って人材を安く雇って、
上手いこと使ってやろう精神の企業が
少なからず存在するのも事実です。

 

IT企業に勤めて成長を夢見てる人が多い中、
それを逆手にとって
・未経験大歓迎・残業ほぼなし!
・一緒に成長できます!
みたいな求人を出して安月給で
鬼のように働かせるような企業があります。

 

レオ

ぼくはこれにまんまと騙されました!笑

 

うん、こんなのに引っかかってしまったら
夢見てたITエンジニアにはなれずに、
心身共にすり減った
ただのサラリーマンになってしまいます。

 

IT業界の闇は深いので
皆さん充分に気を付けてくださいね。
それでは、実際にブラック企業の
見分け方をご紹介します。

 

気をつけなければいけないIT企業の特徴

気を付けなければいけない
IT企業の特徴はいくつかあります。
今からご紹介するものを
予め知っておくことで、
ブラック企業を回避できるはずです。

 

ではまず最初に気を付けなければ
いけないことは求人の募集要項です。
やはり最初に接点を持つ場所が求人なので、
ここである程度ブラック企業の特徴を
抑えておくことに越したことは
ないでしょう。

 

未経験大歓迎は要注意!

よくIT企業の求人を見ていると
『未経験大歓迎』という文字を目にします。

もしも自分が、
本当に未経験でIT企業に勤めたいと
思っていたらとても気になってしまう
求人だと思います。

 

でもこういった訴求にはすぐ飛びつかず
心落ち着かせてください。

 

未経験大歓迎なのは百歩譲って良いですが、
その後に『未経験でもすぐに活躍出来ます!』
とか書いてあったら80%の確率でブラックです。

 

未経験者がすぐに活躍出来るほど
IT業界は甘くありません。

 

このような訴求をしている企業に
勤めてしまうと、恐らく、
思い描いているITとは違う
パワポの資料作りだったり、
デバッグ(バグ探し)をひたすらやらされたり
馬車馬のように働かされることになります。

 

もちろん中にはちゃんと先輩が丁寧に
教えてくれる企業もあります。
ただ、あまりにも都合のいいように
書いてある求人募集は、
基本的には避けた方が良いと思います。

 

焦って職を探していたら
足元見られてしまうので
十分に注意してくださいね。

 

仕事内容はしっかり確認しよう

求人募集の中でも『仕事内容』が
1番大事な項目となってきます。

 

エンジニアになってサービスを作りたいと
思っているなら、詳細に仕事内容が
記載されている方が期待が出来ます。

 

例えば、その会社で主に使用されている
言語が記載されていたり、
先輩のサポートなどがしっかりあるかどうか、
勉強会が定期的に開催されているかどうか
などを見ればホワイトな会社は見つかります。

 

逆に仕事の内容が薄っぺらい求人は
かなり危ないです。
エンジニア募集で入社しても
最初はSE(システムエンジニア)として
働かせられてしまったりします。

SEとは?

エンジニア未経験者だと知らない方も多いのですが、SE(システムエンジニア)は皆さんが想像しているエンジニアとは少し違います。

何が違うかというと、SEは基本的にプログラムは書かずに要求・要件定義やシステムの詳細設計を作ったりすることがメインの仕事になってきます。

なので、あなたがもしコードを書くようなプログラミングをするお仕事に就きたいなら『プログラマー』や『Webエンジニア』などの職種を選ぶようにしましょう。

 

ですので、仕事内容はじっくり
見ていくことをオススメします。

 

SIer企業には要注意

 

SIerとは?

SIer(エスアイアー)とは、システムインテグレーターのことで、主にシステム開発における業務をすべて請け負うことです。

SIer(エスアイアー)って
聞き慣れないかもしれませんが、
上記にある通り、請負業務が
主な仕事になります。

 

すべての企業に当てはまるわけでは
ないですが、請負業務だと
クライアント先に出向して
業務をすることがほとんどです。

 

つまり、SIer企業に勤めてしまうと、
未経験で入社しても1ヶ月とかで
取引先に常駐という形で
放り投げられてしまうんですね。

 

レオ

僕はIT企業の1社目に勤めたところがSIer企業でした!まじ安月給、長時間労働の超絶ブラックでした。。。

 

ですので、SIer企業に入社すると
自分の会社に出勤することはほぼ無く、
取引先の会社へ毎日出勤して
言われたことをひたすらこなすという
クソが付くほどつまらない仕事をさせられます。

 

それでも一応取引先というのがあるので、
めちゃくちゃ嫌だわーと思っていても
気を張って仕事をしなければなりません。

 

こういう客先常駐型の案件が
実はIT業界では普通なのです。
客先常駐ばかりの会社は
ブラック企業なところが多いので
気を付けてください。

 

この後にSIer企業の見分け方も
解説しています。

 

ブラック企業を見抜く力をつけよう

気を付けなければいけない
IT企業の見分け方はいくつか
あるので、順に説明しますね。

 

求人で複数の勤務地がある場合は要注意

ブラック企業の特徴として
大きなポイントが勤務地です。

 

なぜ勤務地?と思った方も
いるかもしれません。

 

なぜかというと、
勤務地が複数ある場合のほとんどが
SIer企業だから
です。

 

求人を見た際に勤務地があやふやで
多数ある場合は注意が必要です。

 

先ほどもお伝えした通り、
SIer企業は客先常駐型の案件が多いため
勤務地が複数記載されています。

SIer企業はブラック企業であることが
ほとんどなので、絶対避けた方が良いと
ぼくは思います。

 

求人で嘘を見抜く

やはりブラック企業はある程度、
求人募集で見抜くことが可能です。

 

求人募集で見抜く方法は
上記で説明してきたことを
頭に入れておけば大丈夫でしょう。

 

また給与以外のところで
あまりにも待遇が良すぎるのも
注意が必要です。

 

給与には反映出来ないけど
その他で頑張ろうとするのは
ブラック企業がやりがちなことです。

 

ある程度しっかりした会社だなと
思えない限りは一旦ステイして
考えてみると良いでしょう。

 

面接で見抜く

求人では見抜けないことも
もちろんありますよね。
でも、面接までいけばかなり高い確率で
ブラック企業は見抜けます。

 

ブラック企業の場合、
いきなり社長が出てきて
面接が始まったりします。

 

そして社長の熱いビジョンを語られ、
ここで一緒に成長しようと
心に寄り添ってきます。

 

思わず、ここの会社なら成長出来る!と
感じてしまうんですよね。
でも気を付けてください。
このような熱い社長さんがいる会社の
80%ぐらいはブラック企業です。

 

本当に大事にしてくれる会社であれば
社長の熱いビジョンよりも
面接に来た人がちゃんとした人か、
入社したらどのような人材に育てようか、
成長意欲を持っているかどうかを
しっかり見極めてくると思います。

 

それを判断した上で
ビジョンを語れる仲間として
受け入れてくれます。

 

なので、面接で相手を
しっかり観察してみてください。

 

働いている人を見てみる

面接の機会があれば
その会社の雰囲気を見れる
チャンスでもあります。

 

ここがまず第一関門で、
ブラック企業だったりすると
直で会議室に通されて社内の雰囲気を
全く見せてくれない場合もあります。
このような場合は95%ブラックなので
即辞退して間違いないでしょう。

 

ホワイトな企業であれば
実際に社内の良い雰囲気を見せてあげて
働きたいと思ってもらいたいと
思うはずです。

 

もし社内の雰囲気が感じ取れないと
思ったら面接官の方に
『社内の雰囲気って見れますか?』と
尋ねてもいいかと思います。

 

もし、そこで社内の雰囲気が
悪そうであれば即辞めしても
いいと思います。

 

まとめ

IT業界は今成長曲線に入っています。
今後さらに需要が高まってくるので、
今のうちにホワイトなIT企業に
勤めることをオススメします。

 

IT業界は意外と闇が多いですが、
億劫にならずにどんどん
企業に足を運んで
実際に雰囲気を感じてみてください。

 

それでは、
今回のおさらいをして終わります。

 

ブラック企業の特徴
  • 未経験者大歓迎には要注意
  • 仕事内容はしっかり確認
  • SIer企業は要注意

 

 

ブラック企業の見分け方
  • 勤務地が複数ある場合
  • 求人の文面から見抜く
  • 面接で相手を見抜く
  • 会社の雰囲気を見て見抜く

 

 

ちゃんとプログラミングができる
ホワイトな仕事に就きたい人は
転職サポート付きのオンラインスクールが
おすすめです。

 

転職サポート付きプログラミングスクール

確実にITエンジニアとして就職・転職したい方におすすめするのがTechAcademyというプログラミングスクール。
プログラミング学習から転職するまでのサポートが手厚いのはTechAcademyだけ!
転職保証が付いており、98%の高い転職率を誇っているのでり安心出来ます。

月々12,417円で通うことができるので、スクールの費用もすぐにペイできますね。

  • 1ヶ月短期集中で一気に学べる
  • キャリアアップ、スキルアップ
  • 受講者満足度も90%以上
  • オンラインだから遠方の方でも大丈夫

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です