プログラミング未経験者のための学習ロードマップ【初級者プラン】を無料公開中!詳しくはこちら

プログラマーは一生独学しなければならない現実をご存知ですか?

プログラマー 独学

「独学でプログラミングを学ぶんだ」

「プログラマーになりたい」

「まずは独学でプログラミングスキルつけてIT業界に転職する」

これからプログラミングを独学で学ぶ皆さんに1つだけ現実を叩きつけます。
そう、プログラミングスキルというのは一度学んで習得出来るものではありません。なんならプログラマーの道に踏み入れてしまったら一生プログラミングを学習し続けなければなりません。

しかも、半永久的に独学しなければいけません。
タイトルとかが少し刺激的になってしまいましたが、現実は本当にそうなんです。

今回のこの記事では、そんな厳しい現実についてご紹介したいと思います。

プログラミングは常に進化を続ける

なぜプログラマーは一生独学し続けなければならないのでしょうか。
答えは簡単で “ プログラミングは常に進化 ” を続けているからです。

どういうことかと言うと、プログラミングって各言語がありますよね。
そのプログラミング言語のアップデートだったり、新しいプログラミング言語が世の中に出てきたり、常々プログラミングの技術がアップデートされるんですよね。

IT業界特有なことかもしれませんが、昨日まで当たり前だった事が今日は当たり前ではないとか、昨日まで最新だったのに今日ではもう古いって事がよくあるんですよね。

そうなると、常にアンテナを張って技術を習得し続けなければならないんです。もし学習することを止めてしまったら後は干されプログラマーになるのを待つだけといった状態になります。

プログラマーは如何に技術を使いこなせるかの勝負になるので、いつまで経っても古い技術しかつかえないようであれば仕事はどんどん少なくなっていきます。

現役プログラマーも常に独学をしている

常に新しい技術が生まれるので、現役プログラマーも独学をしているという現実があります。

初心者のうちは知らないかもしれませんが、初心者の方だけが勉強しているわけじゃないんですよね。現役のプログラマーの方も必死に勉強しています。

これからプログラマーを目指そうと思っている方々は今後こういった人達と戦っていかなければなりません。ただ、唯一救いなのは新しい技術が出ると初心者もベテランも同じスタートラインに立てるということです。これは初心者にとって大きなメリットとなります。

もちろん現役プログラマーの方が要領良く学習が出来たり、応用が効くものだったりするので飲み込みの早さに違いはあります。

とはいえ、プログラミングの基礎は変わらない

現役プログラマーの方も常に独学していることは知って頂けたかと思います。とはいえ、やはりプログラミングというのにも基礎基本はもちろんあります。

いくらアップデートされたり、新しいプログラミング言語が現れたりしてもプログラミングの根本的な部分は変わりません。

記載方法とかは全く違ったりしますが、基本的なロジック部分では一緒なんですよね。何事にも言えることかもしれませんが基礎はめちゃくちゃ大事になってきます。

なので個人的に思うこととして、基礎を独学するのではなくしっかりプログラミングスクールなり、大学なり、メンターなり、プログラミングの基礎をしっかり持ってる人に教えてもらった方が今後長い目でみたら1番いいと思います。

今はTECH::EXPERTとかTechAcademy [テックアカデミー]とか良いプログラミングスクールがたくさんあるので、検討してみるのもいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
現役プログラマーでも勉強するんだなーってことが分かって頂けたかと思います。

これからプログラマーを目指す方は一生勉強し続ける覚悟を持って目指してくださいね!

でも、あまり気負いせずに勉強を始めてみるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です