プログラミング未経験者のための学習ロードマップ【初級者プラン】を無料公開中!詳しくはこちら

プログラミングを独学で学ぶことのメリットとデメリット

プログラミング独学

こんにちは。どうもレオ(@petasojp)です。

ツイッターでこんなことを呟きました。

今回はこのツイートで発言したことを掘り下げて説明しようかと思います。

プログラミングを独学で勉強したいと思っている方はたくさんいると思います。でも実際に独学で勉強して本当に身に付くのか、プログラミングスクールに通うことと比べたらどうなのかとか気になると思います。

なので、実際に独学してプログラミングスキルを身に付けて、実際に実務経験のある僕が「プログラミングを独学で学ぶ事のメリットとデメリット」をご紹介したいと思います。

プログラミングを学ぶ

「これからプログラミングを学んで稼ぐ力を付ける」
「プログラミングを学んでフリーランスになる」
「これからはITだからとにかくプログラミングを出来るようになる」

プログラミングを学ぶ理由は人それぞれです。

プログラミングを学べば今後職に困ることは無いと思いますし、起業したいとかフリーランスになって自由に働きたいと思ったら、プログラミングを知らない人よりは明らかに有利な状況になりますのでメリットが多いです。

特にこれから起業を考えている人はプログラミングスキルを身に付けて、Webサイトの一つでも作れるようになれば、実際に起業して会社のホームページが必要になった時でも自分で開発が出来てしまいます。

普通は外注してホームページを作ってもらって何十万円も開発費がかかってしまってそれだけで結構な金額になります。

自分でサイトを作れてしまえば何十万円ものお金が余るので、別のことにお金を使えたりしますので十分意味のあることになりますよね。

プログラミングを独学で学ぶ

プログラミングは独学で学べるのでしょうか?と聞いてくる方がよくいますが、僕は独学でプログラミングを学びました。なので、独学でも十分学べます。

ただ、プログラミングを独学で学ぶのはそれなりに大変で、生半可な気持ちだと独学で学ぶのは結構キツいのが正直な感想です。

相当な覚悟がないと難しいでしょう。
ただ、それ相当に学ぶ価値はあると思っています。
プログラミングには無限の可能性があるので身に付けてしまえばかなり人生の幅も広がります。

プログラミングを独学で学ぶことのメリット

独学でプログラミングを学ぶことのメリットですが、ツイッターでも呟いた通り以下がメリットとなります。

・コストが安い
・自分の都合の良いタイミングで学べる
・自分で調べる力が付く

プログラミングを独学で学ぼうとしている皆さんは、恐らく一番のメリットだと感じている部分はコストの部分だと思います。

コストとは勉強にかかるコストのことですが、独学だと勉強にかかるコストとしてはいっても10万円以内で収まると思います。

これがプログラミングスクールとかだと、20万円30万円と跳ね上がりますからね。

そしてもう一つは自分の都合の良いタイミングで学べるということ。
学校や会社からかえってきて自分で少し勉強するとか、休みの日にがっつり勉強するとか自分の好きな時間に学べるので、時間に余裕があるという点です。

ただこれは、いい意味でも悪い意味でも自分次第という事になるので、時間管理がしっかり行えない人は挫折に繋がることも多いので気をつけてください。

最後の一つが最大のメリットだと僕は思いますが、自分で調べる力が身に付くというメリットがあります。

独学でプログラミングを勉強していると間違いなくつまずく事があるかと思います。そんな時に助けてくれる人はいません。自力で調べて解決しなければならないので、嫌でも調べる能力が身につきます。

調べる力って実務でもすごく重要なポイントで、自分で調べる力がない人はエンジニアとしてはやっていけません。

プログラミングを学ぶことのデメリット

では、逆に独学で学ぶことのデメリットは何かというと以下になります。

・時間がかかる
・挫折する可能性が高い
・実務では使いものにならない可能性がある
・スキルの信用度が低い

デメリットの方が多い〜と思った方も多いと思います。
そうです。プログラミングを独学で学ぶのは結構デメリットが多いです。

上記に挙げたものはそのまんまの意味なんですが、とにかく独学は時間がかかります。全く分からない道を一人で進む訳ですからそれなりの時間を要します。また、分からないことだらけで挫折してしまう人も多いです。

結局聞ける人もいないので、自分で解決出来なければプログラミングから遠のいていきます。実際のところ独学でプログラミングを習得出来た人って10%にも満たないんじゃないでしょうか。それぐらい厳しいと思って望んだほうがいいです。

そして1番のデメリットが実務で使いものにならないこと。
頑張って勉強してきたものが実務で全く通用しないとなる事がよくあります。
どうしてそうなるのかというと、独学で学べる範囲というのが決まっているからです。

基本独学で学べる領域って基本のキの部分ぐらいです。
応用まで独学で学べる人ってほぼいなくて、基本だけ抑えて出来ると勘違いしてしまうということが現実とのギャップが生まれている原因となります。

こういう背景があるので実務を常々行なっている人からすると、独学でプログラミングを学んだ人のスキルをあまり信用していません。

こういったことがプログラミングを独学で学ぶデメリットとして挙げられます。

プログラミングスクールか独学か

では実際にプログラミングスクールに通うのか独学でいいのかどっちなのよってところなんですが、僕から言えるのは間違いなくプログラミングスクールに通うことの方がいいと思っています。

プログラミングを必ず自分のものにしたいと思っている人は絶対にプログラミングスクール一択です。

プログラミングスクールならいついつまでにこれを覚えられるとか、プログラミング習得までの期間がある程度見えますし、高いお金を払って習得することがゴールなので、最終的に習得できたという状態になります。

ところが独学だといつまでに習得できるとか、本当に習得できるのかなど不安も常にあります。挫折だってありえますので、必ずプログラミングを習得出来るのかさえ不明です。

現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

まとめ

いかがでしたでしょうか。
プログラミングを独学で勉強しようとするとこんな感じなのかと想像出来ると思います。

メリット・デメリットをしっかり把握して最終的には自分で判断してみてくださいね。

何かあったどしどしコメント待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です