プログラミング未経験者のための学習ロードマップ【初級者プラン】を無料公開中!詳しくはこちら

6ヶ月間のプログラミング学習で旅行しながら稼ぐ4ステップ【やり方はシンプル】

プログラミング旅行

悩みがある人

いずれは旅行とかしながらプログラミングで稼ぎたいなぁ〜。

 

こんなお悩みを解決します。


結論から言うと、旅行しながら
プログラミングで稼ぐ為には
6ヶ月間の学習期間とリモートで
稼ぐ仕組みがあれば実現できます。

 

まずそもそも旅行をしながら
仕事ができたら
めちゃくちゃいいですよね。

 

色んな所に行って、
気が向いたら仕事をして、
また遠くへ行って…

 

レオ

セブ島の水上コテージでパソコンカチカチしてゆっくり仕事したいなぁ〜

 

そんな生活って
誰しもが憧れますよね。
僕も仕事を選ぶ上でどこに居ても
仕事ができるようになる
というのは昔からの夢でした。

 

レオ

なので僕にとって
プログラミングスキルは
とても重要なんですよ!

 

今では色々なスキルが身に付いたので、
実現しようと思えば
いつでも旅行しながら
仕事をすることが可能な状態です。

 

若者

いいなぁー!ずりぃーなぁー!俺たちにも教えやがれ!

 

レオ

まぁまぁこれからしっかり教えてやんよ!


ということで、
今回は僕が経験してきたことを踏まえて、
6ヶ月間のプログラミング学習で
旅行しながら稼ぐ方法を解説しました。

 

但し、
この記事で目からウロコな情報は
出てきません。

 

この方法を実践すれば
楽して稼げるみたいなことも
一切書いてません。

 

楽して稼ぎたいと思っている方は
違うメディアを見た方が
いいかもしれません。

 

つまり、
僕が書いたことは誰でも実践できますし、
着実に行動すれば結果に結びつきますが、
必ず努力が必要になってきます。

 

この先は努力ができる
自信のある人だけ読み進めてください。

 

この記事を読むメリット
  1. プログラミングで稼ぎながら旅行する方法がわかる
  2. プログラミング稼ぐ方法がわかる
  3. 働き方が変わる

 

このWebサイトでは、プログラミングの重要性を発信しています。

これからプログラミングを勉強する方に有益な情報を提供していますので、ブックマークをオススメしています。

 

【ぼくの簡単なプロフィール】

・現役会社員エンジニア
・WEBプログラマー
・エンジニア歴3年

レオ

 

 

ステップ1: 稼ぎながら旅行をする為の設計を理解しておこう

旅行をしながら稼ぐには、
どこに居ても稼げるスキルを
身に付けなければなりませんよね。

 

いきなりですが、
以下を自問自答してみてください。

・どうやったら稼ぎながら旅行ができるのか
・どうやったらプログラミングスキルを習得するのか
・どうやったらプログラミングで稼げるのか

 

まぁ恐らくその答えを探しに
この記事に辿り着いたと思うので、
読んでる人のほとんどは
曖昧な答えしか浮かばないと思います。

 

この辺をしっかり理解した上で
行動しないと途中でただの迷子になって
挫折してしまいます。

 

しっかり稼いで旅行できるまでの
設計イメージを自分の頭の中に
叩き込んでおきましょう。

 

プログラミングとブログの2本柱で稼げ!

まず、どうやったら稼ぎながら
旅行ができるのか。
これですが、答えはかんたん。


パソコンとインターネットと
プログラミングスキルがあれば
実現できます。

 

しかし、
ここで重要なのはポイントが2点。
・充分な稼ぎが必要
・収入が途絶えないようにする

 

この2点を考えたとき、
プログラミングの仕事だけで
大丈夫でしょうか。

 

僕だったらちょっと不安な
気持ちになりますね。

 

というのも、収入の柱が1つで
プログラミングだけだとしたら
万が一、自分の手が動かなくなったり
プログラミングの仕事が
打ち切りになったら収入が完全に
途絶えますよね。

 

なので、
稼ぎながら旅行をするなら
収入の柱を複数持つことがベストです。

 

そこでおすすめするのがブログ運営です。

 

なぜブログなのか?

なぜプログラミング以外に
ブログ運営なのかと言いますと、
答えはシンプルでプログラミングと
ブログの相性はとてもいいからです。

 

プログラミングはインプットと
アウトプットを繰り返して
スキルを習得するのが一般的です。
なので、アウトプットする場として
ブログを活用できるんですよね。

 

僕もプログラミング初心者の頃は
プログラミングを学習しながら
ブログも更新していました。

 

プログラミングで新しく覚えたことは
ブログに書いていくと、
思考が整理されてスキル習得期間が
めっちゃ短縮されます。

 

さらに、
ブログにアクセスを集めることができれば
ブログからの収益も期待できます。

 

プログラミングの記事は、
ある程度需要があるので
副業で稼ぐにも向いています。

 

ブログ運営について詳しく
知りたい方はこちらの記事を
読んでみてください。

プログラミングを最速で習得する為の最強ブログ運営術【保存版】

ステップ2: プログラミングスキルは6ヶ月間でマスターしろ!

なんかTwitterとかを見ていると
独学でのんびり学習してる人が
たくさんいるんですが、
正直なところプログラミングで
稼げるようになるまで
どんだけ時間かけてるの!って
感じがします。

>>プログラミングの独学ってダメなの?独学する際のデメリット5つを解説

 

プログラミングで稼ぐのに
1年も2年も要りません。

 

実際のところ、
6ヶ月もあれば稼げるぐらいの
スキルは身に付きますよ。

 

もちろん、それは6ヶ月間
死に物狂いでプログラミングを
学習しなければなりませんが、
たかが6ヶ月間頑張るだけで、
稼げるスキルが身に付けられると
考えればめっちゃコスパよくないですか?

 

僕だったら間違いなく短期集中で
とりあえず稼げるレベルに
達する努力をします。

 

それぐらいの意気込みじゃないと
いつまで経ってもダラダラしちゃうので
これを見てるあなたは是非努力する人で
あってほしいと願ってます。

 

プログラミングをマスターする為の
ノウハウは他の記事で
たくさん書いているので
良かったらご覧ください。

 

ステップ3: プログラミングの仕事を獲得しよう

プログラミングスキルを
マスターしたら次にやることは、
仕事を獲得すること。

 

プログラミングの仕事を獲得する方法は
基本的に2つの方法があります。

 

それが、以下の2つ。

・ブログからの受注方法
・クラウドソーシングから受注

 

僕がおすすめするのは前者の方法。

 

ブログから受注するというと
一見難しそうに聞こえますが、
学習期間中からブログ運営を行って
開発したものをポートフォリオでまとめて、
フォームを設置しておけば
1件2件はお問い合わせがあります。

 

こっちの方法の方が
利益率も高いですし
稼ぎやすいです。

 

では後者の方はどうか。
クラウドソーシングは
比較的簡単に案件を受注できますが、
デメリットとして、単価が安くなりがちです。

 

また、変な依頼者に当たってしまうと
見積もり時に仕様になかったものを
バンバン追加してきて、
できないなら払えないとか
色々揉めるパターンもあります。

 

なので、クラウドソーシングは
仕事を取りやすいですが、
ある程度、社会勉強という感じで
取り組める人におすすめです。

 

ステップ4: 稼いだらすぐ旅行に行こう

さて、ここまでお話ししてきたことを
実践して稼いでいければ
あとは旅行に出発するだけです。

 

旅行に出発するまでの努力は
半端ないものですが、
旅行に行けるときには
頑張って良かったなって
感じると思います。

 

とはいえ、旅行に行くときは
それは【稼ぎながら旅行する】の
スタート地点でもあります。

 

まずは、
この旅行に行けるようになるまで
ひたすら頑張って勉強しましょうね。

まとめ

今回のまとめ
  1. ブログ運営でアウトプット
  2. 6ヶ月でプログラミングを習得
  3. ブログorクラウドソーシングで受注

今回解説したすべては
結構な努力と時間が必要です。

 

でも、これさえできてしまえば
自分の夢が叶うとなれば
楽勝だと思いません?

 

たぶんここまで読んでくれた方は
それだけでも努力できる人だと
思っています。

 

なので、
今日から人生変えちゃいましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です