プログラミング未経験者のための学習ロードマップ【初級者プラン】を無料公開中!詳しくはこちら

現役エンジニアの僕がプログラミングを独学することになったキッカケ

現役エンジニアの僕がプログラミングを独学することになったキッカケ

現役エンジニアも
最初はみんな素人です。

 

今プログラミングを勉強している人は
現役エンジニアの人が
なぜプログラミングに出会って
勉強することになったのか
気になる人も多いと思います。

 

今回は現役エンジニアであるぼくが
どのようにしてプログラミングに出会い、
独学することになったのかを
お伝えできればと思います。

 

この記事が役立つ人
  • これからプログラミングを
    勉強しようと思ってる人
  • プログラミングに
    興味がある人
  • 独学でプログラミングを
    学習しようとしてる人

 

プログラミングYouTubeYouTubeでプログラミングを独学するときのおすすめ動画10選

 

プログラミングができれば世界を変えられる

 

これからはプログラマーが
世界を引っ張っていくと
言われているのを知っていますか?

 

最近巷でよく言われていることなんですが、
プログラマーの人には優しくしろ。
いずれあなたはプログラマーに雇われるのだから
」と。

 

もうすでにプログラマーの方々が
世の中を変えているのは言うまでもありません。
有名な企業のGoogle,Apple,Facebook,
Twitter,Microsoft,Amazonなどは
経営者がみんなプログラマー出身の方です。

 

「今後生き残っていくために
プログラミングは最低限出来ないと」
ダメなんじゃないかと思っています。

 

しかも日本では2020年から
小学生を対象にプログラミングが
必修化されました。

 

これがどういうことかと言うと、
「これから社会に出てくる若者たちはみんな
プログラミングの基礎ができる強者」
ということです。

 

今後プログラミングのできない
おじさんなんて相手にしてくれない世の中に
なっていくかもしれません。

 

ですので、今からプログラミングを
始めておく必要があるんじゃないかと
僕は思います。

 

未経験エンジニア転職失敗しない!未経験からエンジニア転職を目指す5ステップを徹底解説【本人の経験談も暴露】

プログラミングを始めてみたいと思ったキッカケ

ぼくは自分の無力さに気づいたというか
自分で何かを一から作ってみたい」という
物作り精神がいつしか芽生え始めました。

 

なんというか、何ひとつ1から作れない
自分って実に無力だなぁと。
何かオリジナルのものを作ってみたいなー
なんていつも考えてました。
でもそれは洋服でもいいし、絵でもいいし、
アプリでもよかった。

 

結局、悩みに悩んで辿り着いた答えが
プログラミングを学ぶということでした。

 

パソコンとかスマホとかガジェットが好きな
ぼくとしてはやはり関連したものがいい。
プログラミングは確かに難しいことだと
思うけど出来ないことは無いんですよ。

 

だって現にできる人がいるわけだし、
それって言わば誰にでも
できる証拠だったりもしますからね。

 

なので、今回ぼくは1から
ウェブサービスでもアプリ開発でも
なんでもいいから作ってみようと思い
志したのです。

プログラミング独学プログラミングを独学でマスターする手順を徹底解説【2020年度最新版】

 

プログラミングを学んでどうするの?

さぁプログラミングを学ぶぞ!
と言っても、やっぱり
「プログラミングを学んでどうするの?」
という答えは必要だと思います。

 

先程、何か自分で作れるように
なりたいと言いましたが、これから
プログラミングを学んでいくうえで、
それだけの理由だとちょっと足りません。

 

ただ闇雲にプログラミングを始めても
目標が無ければ道に迷ってしまいます。
なので、第一の目標としてぼくは
アプリ開発が出来るようになること」を
目標にして学習を始めることにしました。

 

アプリ開発はiPhoneアプリをメインに
勉強していこうとこのとき決めました。
iPhoneアプリを開発するうえで
必要なプログラミング言語は『Swift』。

 

それからはSwiftについて
めちゃくちゃ調べました。調べてみると、
Swiftという言語は初心者にも
割と理解しやすいような言語だと知り、
早速独学をスタートさせました。

 

当時ぼくがSwift言語を勉強する際に
参考にした書籍は下記です。
iPhoneアプリを作りたい人は
よかったら参考にしてみてください。

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 第8版 【Xcode 11 & iOS13】 完全対応

 

アプリを作った後はどうする?

プログラムでアプリを作った後はどうする?
この答えも必要不可欠だと思います。

レオ

オリジナルアプリが出来たー嬉しいーハイ終わりでは意味がありません。

 

アプリを作った後の目標も、
ある程度を考えておかなければ
無駄な時間を過ごすことに
なってしまいます。

 

ぼくはもし仮に
オリジナルアプリを作れたとしたら、
次はもっとハイスペックな
アプリ開発に取り組むという約束を
自分自身としました。

 

こういうのって跳び箱と一緒で、
最初に8段の跳び箱を飛べるようになると
決めても、始めは3段の跳び箱を飛んで
次は4段へ挑戦。
そして5段と進めますよね。

 

つまり、
徐々に自分の最大目標のところまで
飛べるようにするんです。
アプリを1つ開発出来たからといって
満足するわけではなく、
さらに上へとレベルアップしていく
必要があるんですね。

 

プログラミングメリットプログラミング習得でどんなメリットがあるの?プログラミングで叶う5つのこと

 

最終的に目指したのはエンジニア?

プログラミングを学ぶにあたって
ぼくが目指したのは1から何か
作れるようになるためでした。

 

なので、当時はがっつりエンジニアに
なる気もなく、将来的には会社経営を
したいと思っていました。

 

プログラミングが使えれば
なにかと有利なので出来る範囲で
プログラミングは抑えておきたいと
いうことで学習を進めてました。

 

エンジニアになる3つの方法プログラミング初心者がエンジニアになる3つの方法

 

最後に

今は本業で現役エンジニアとして、
働いていますが、もともとは
エンジニアになるつもりではなかったです。

どちらかというと、
オリジナルサービスを開発して
一念発起するぞぉーぐらいの感覚で
プログラミングを独学してました。

 

こんな気持ちでスタートさせた
プログラミング学習ですが、
今では立派な会社員エンジニアです。

 

なので、これから
プログラミング学習する方は
プログラミングの可能性を理解しつつ
目標をしっかり立てて、
独学に励んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です