プログラミング未経験者のための学習ロードマップ【初級者プラン】を無料公開中!詳しくはこちら

IT業界へ転職する為の方法とスキルセット

なんだか世の中ではIT業界は頭の良い人しか入れないとか、ある程度経験とスキルが無いと20代後半〜30代では転職が難しいということを耳にする事があります。

確かに頭が良くて経験もあってスキルがある事に越したことはありません。ですが実際にIT業界にいるボクからすれば全然そんなことはないと素直に思います。

転職の方法(ルート)って実はたくさんあるのですが、ほとんどの人はそれに気付いていません。みんな正攻法の転職のみを考えて行動してる人が多いと感じます。

今回はIT業界への転職方法とスキルセットについてお話ししたいと思います。

なぜIT業界へ転職したいのか

まず1番大事なことがなぜIT業界に転職したいのか?ということを自問自答する事です。

これが転職する時に1番の軸になるからです。

  • 給料を上げたいから転職するのか
  • 今よりも良い待遇を受けたいから転職するのか
  • IT業界でITスキルを磨きたいから転職するのか
  • IT業界流行ってるし興味があるから転職するのか
  • 将来独立する為にIT業界に転職したいのか

理由は様々で人それぞれ違います。
これを始めにしっかり認識しておく事で、転職活動の時もそうですし転職した後も軸になります。

ちなみにボクがIT業界へ飛び込んだ時は『IT技術を身に付けて将来自由な場所で自由に働きたい』と思って飛び込みました。なので転職の基準がお金でもないし、転職前より良い条件というのもありませんでした。

とにかくめちゃめちゃ勉強させてくれるような会社を選んで転職しました。
面接時にはそんな気持ちをぶつけたら凄く理解してくれる方で採用に繋げることが出来ました。

IT業界の職種

IT業界にもいくつか職種があります。

  • プロジェクトマネージャー
  • ディレクター
  • システムエンジニア (SE)
  • プログラマー
  • バックエンドエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • Webデザイナー

この他にもまだまだあるのですが、転職の際に募集しているのがこの職種が多い印象です。職種は会社によっても定義が曖昧になっていたりするので、実際に面接で聞くのが1番信用出来るかと思います。

また、言葉は違えど業務が似ているものもあるので少し説明します。

プロジェクトマネージャーとディレクター

まず、プロジェクトマネージャーやディレクターは基本的にプロジェクトを企画したりプロジェクト進行を管理する人になります。

クライアントやエンジニアなど多方向の人と接して上手くコミュニケーションを取らなければなりませんので、この職種はコミュニケーションが最も大事となります。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの責任者となるので、決定権も多く責任のある立場となります。
ディレクターはプロジェクトマネージャーの補佐的な役目を担うことになります。実際に手を動かしたりする業務も発生するので、ドキュメントの作成スキルも必要になってきます。

システムエンジニア (SE)

システムエンジニアが1番よく聞くかもしれません。

知り合いにIT系の仕事だよと言うと、ほとんどの人がSE !?って聞いてきます。
なぜシステムエンジニアがそんなに知り渡っているのかはわかりませんが、一般的にIT = システムエンジニアという認識が一般的なようです。

そしてシステムエンジニアの認識が世の中の認識と少しズレています。
よくプログラムを組む人をシステムエンジニアって思ってる人もいるようですが、システムエンジニアがプログラムを組むことはほとんどありません。

システムエンジニアはクライアントとのやり取り(要求をまとめたり)を行なったりして、その要求を定義付けしたり、設計を組んでドキュメントに落とし込む作業を行なったりします。

プログラマー

プログラマーは実際にコードをガリガリ書く人となります。
システムエンジニアが作成した設計書を元にコードを書いていきます。

いま世の中でプログラミングが注目されていますが、プログラミングを学ぶことでプログラマーという職種になることが可能です。

なので未経験で転職するとなると少しハードルが高くなります。
実際に転職サイトを見てみると実務経験3年以上とか、求める言語の指定があったりします。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、HTML・CSS・Javascript辺りを触る人となります。バックエンドエンジニアは、RubyやPHP、C#などのサーバ側を専門とするエンジニアとなります。

フロントエンドもバックエンドも需要が高く転職しやすいです。
ただ、技術力が求められるので求人は多いですが、未経験となると難しいのが現状です。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは言葉通りインフラを整備するエンジニアとなります。
ネットワークやサーバの設計・構築・運用がメインとなりますのでレベルはかなり高いものとなります。

未経験で転職するのは難しいです。
また実務経験がモノをいうので、ある程度経験をしていないと難しいでしょう。

WEBデザイナー

IT業界で割と転職しやすいのがWEBデザイナーです。
WEBデザインが主な業務となる為、WEBサイトやWEBアプリなどの外観をデザインしていきます。

PhotoshopやIllustratorなどツールが使用出来れば未経験でも転職しやすいです。また、軽いHTMLやCSSも触れると重宝されるWEBデザイナーとなります。

WEBデザインのスクールなどに通ってから転職するという人も多いです。

IT業界転職 プログラミング未経験者がIT業界に転職する方法

IT業界へ転職する方法はプログラミングスキル?

IT業界へ転職する際にプログラミングスキルがないと転職は難しいと思っている方も多いですが、実際はプログラミングスキルがなくても転職はできます

実際にボクはプログラミングができない状態でIT業界へ転職しています。

もちろんスキルがあると転職してすぐに活躍が期待出来ますが、スキルがなければないでディレクション業務から入って、徐々にITの概念みたいなものを学んでプログラミングを学ぶことも可能です。

ただ、プログラミングがしたいと思って転職をするならば間違いなくプログラミングスキルを身に付けてから転職することをおすすめします。
プログラマー志望なのにプログラミングを出来ないし勉強もしたことないって状況で面接をしても門前払いされる可能性が高いです。

なのでプログラマー志望の人はまずはプログラミングスクールに通って学習してから転職活動するのをおすすめします

内定率94%!完全無料のITスクール【ITCE Academy】

コネを作ってしまおう

1つ正攻法ではない転職ルートをご紹介しておきます。
それはコネを作ってしまうということ。

IT業界は交流会をよく開催していたりします。
そういう場に行って、コネを作ってIT業界へ転職したい旨を伝えておくことで誰かが拾ってくれるというパターンがあります。

実際にボクの知り合いはこの手法でIT業界へ転職を成功させた人がいます。

ではそういう交流会に行く方法なんですが、Peatixっていうイベント専門のプラットフォームがあるのでそういうところで探してみるのがいいと思います。

勇気を持って行動する事で難しいと思ってたことも行動してみたら簡単ってこともありますよ。

IT業界が欲しがってるスキル

いまIT業界で需要のあるスキルですが、ボクの肌感だとアプリ開発が出来るエンジニアは重宝されます

意外とアプリ開発が出来るエンジニアって少ないです。それなのにアプリ開発の依頼はかなり多いというのが今のIT業界です。

なのでアプリ開発を学べるプログラミングスクールに通って技術を身に付ければ恐らく割と簡単に転職出来てしまいます。

MEMO
今っぽいお洒落なIT業界に転職したい人におすすめする転職サイトがという【Tech Stars Agent】という転職サイト。

  • IT・WEB・ゲーム業界特化
  • 【男性・女性】20代、30代、40代
  • 転職だけでなく独立支援も!
  • プロのキャリアコンサルタント付き

まずは無料会員登録してみる

人材の需要が高い今が転職のチャンス

いまIT業界は人手不足で求人がかなり多いです。

人材の争奪戦みたいなことになっています。なのでIT業界へ転職するなら今がチャンスです。ある程度勉強して基本技術を身に付けていれば採用率はかなり高くなります。

また、今ITを学んでおくことで将来食いっぱぐれることがないというのもメリットの1つです。今どんな大企業でもリストラが実施されて終身雇用制度も終わったと言われています。

ですがITはこれからもどんどん伸びる業種ですし、もしもリストラされてしまってもIT技術があれば自分1人で稼いでいくことが可能です。

まとめ

今回はIT業界への転職方法とスキルセットをご紹介させていただきました。
もし今IT業界への転職を考えているなら早く行動した方がいいです。

IT業界は若ければ若いほど需要があります。
企業側も人材を育てて将来に備えようということも考慮しています。
なので少しでも興味があれば今すぐ勉強して、転職活動を始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です